ひあぜあ

"

チャイナウオッチャーの日課として
中国のネットの世界を漫遊していると、
時々、会心の笑みを誘うものに出合うことがある。
たとえば先日閲覧した
中国の食文化に関するネット上の議論には、次の書き込みがあった。

「われわれ中国人は昔から何でも口に入れて食べる。
おいしいものは珍味として楽しむが、
まずいものは漢方薬として飲むのである」

なるほど、いわゆる「薬食同源」とは結局そういうことだったのかと、
笑いながら妙に納得するのである。

冷めた目で自分と周辺を見て
皮肉的な表現で風刺するのは昔から中国知識人の得意技だが、
最近それが、中国共産党政権に矛先を向けることがある。

たとえば先月、米ミズーリ州で黒人暴動が起きたことを受け、
中央テレビ局が「アメリカは人種差別の国だ」と批判したところ、
民間のネットユーザーはさっそくかみついた。

「アメリカは人種差別の国なら、
どうして黒人のオバマさんが大統領になり得たのか。
中国にも多くの民族があるのに、
党と政府の指導者はいつも漢民族ではないのか」
と。
このような鋭い問い詰めに、当の中央テレビ局は答えようがないであろう。

あるいは以前、中国の国防省が
「日本には人権、自由、民主を語る資格がない」
と見当違いの日本批判を行ったところ
ネットから上がってきたのは次のような反応だ。

「日本に自由を語る資格があるかどうかは僕にはよく分からないが、
資格のまったくない国は確かに一つある。それがどこの国か。
僕たちにはそれを言える自由がないのである」

それは、私が今まで見た中国流ブラックユーモアの絶品の中の絶品だが、
政府当局がなぜデタラメな日本批判を行っているのかに関し、
ネット上で次のような指摘があった。

「1940年代、毛沢東は日本軍を利用して国民党政権を潰した。
80年代、トウ小平は日本の経済援助を利用して経済成長に成功した。
そして90年代、江沢民は日本を利用して
ナショナリズムをあおり立てて政権を維持した。
今の政権も同じことをやろうとしているのではないか」
と。

なるほど、近代から現代に至るまでの日中関係史は、
まさにこの書き込みの一つによって完璧に総括されたような気がする。

共産党政権を題材にしたネット上のブラックユーモアはまだある。

「中国人のモラルが低いとよく言われるが、
それは、モラルの一番低い人たちが中国を支配しているからだ。
彼らは中国人全員のモラルが自分たちより高くなることを許さない。
モラルの高い人間を監獄に入れたり殺したりして
国民のモラルを落とす教育を実行した。
だから中国人はこういう人種になるのだ」

「当局は“デマを流した”として
ネットユーザーを逮捕したのはなぜなのか。
デマを流すことは彼らの専権事項だからだ。
政府は破廉恥な売春婦を取り締まるのはなぜなのか。
似た者同士は嫌い合うからだ。
某政党は民間のヤクザ組織を全滅させたのは一体なぜなのか。
競争する同業者の存在を許さないからだ」

このようにして、中国のネットユーザーたちは、
「共産党」や「中国政府」などの
固有名詞をいっさい出さない巧妙な表現をもって、
政権党と政府に対する痛烈な批判と皮肉を
毎日のようにまき散らしている。

今、習近平政権は「文革以来」と称されるような
峻烈(しゅんれつ)さで国内の言論を徹底的に弾圧しているが、
それでもユーザーたちは一向におびえる様子はなく、
彼ら特有のユーモアセンスと不屈の反抗精神をもって
政権批判を続けているのである。

そういう人々がいる限り、
そして彼らの皮肉な政権批判にほほ笑みを浮かべながら共鳴する
中国国民が大勢いる限り、この国はまだまだ、
希望というものがあるのではないか。

"
■ 圧政に盾突くブラックユーモア 日本題材の絶品も / 石平(せきへい)のチャイナウォッチ

(via udon0316)

「日本に自由を語る資格があるかどうかは僕にはよく分からないが、 資格のまったくない国は確かに一つある。それがどこの国か。 僕たちにはそれを言える自由がないのである」

(via bgnori)

(daubmanから)

— 10時間前・リアクション637件
#中国 
"「山を真面目に登山する人で「なぜ予知できなかった!」というような人は皆無」その通りだな。再発防止策なんて検討してほしくないわ。個々の登山者が山はこれぐらい危険なこともある、と自覚すれば済むこと。"
— 22時間前
#時事  #災害  #登山 
"俺、登山者キライ。
田舎に住んでるんだけど、平気で
「ここらへんにコンビニありますか?」「スーパーありますか?」って。
バカにしてんの?舐めてんの?
俺「10キロくだらないとないですね」「もう遅いから徒歩じゃ帰れませんよ」
登山者「宿、ありますか?」
あるわけねーだろ。
甘いんだよ考えが。テント貼って野宿?熊のエサにでもなっちまえ。
と思いつつ、駅まで車で送ってやったこと10回以上。"

俺、登山者キライ。 - 2chコピペ保存道場 (via darylfranz)

広義の意味でこいつら全員遭難者.

(via bgnori)

(yellowblogから)

— 22時間前・リアクション257件
"ことしも生きて
さくらを見ています
ひとは生涯に
何回ぐらいさくらをみるのかしら
ものごころつくのが十歳くらいなら
どんなに多くても七十回ぐらい
三十回 四十回のひともざら
なんという少なさだろう
もっともっと多く見るような気がするのは
祖先の視覚も
まぎれこみ重なりあい霞だつせいでしょう
あでやかとも妖しいとも不気味とも
捉えかねる花のいろ
さくらふぶきの下を ふらふらと歩けば
一瞬
名僧のごとくにわかるのです
死こそ常態
生はいとしき蜃気楼と"
「さくら」茨木のり子 (via osoroi)

(keebowから)

— 1日前・リアクション235件
"

#百田尚樹 さんの #田母神としお さんへの応援演説全文
「私は関西に住んでおります。ですから今回の東京都知事には関係ない人間なんですけれども、どうも関西にいて、今回の東京都知事選、無関心ではいられません。
本当に今回の東京都知事は、これからの日本の5年先10年先を占う非常に大変な選挙やと思っています。
とにかく関西にいて思うことは、今回の都知事選、都知事になるには、田母神さんしかいません。
それ以外の候補、まあ10人以上は泡沫ですが、何人かの重要な候補と言われている人間ですが、私から見れば人間のクズみたいなもんです。
遠く関西から見ていますと、田母神さんに対する誹謗中傷が非常にひどいです。
田母神さんが都知事になれば日本は戦争するんじゃないかと。
どうして東京が戦争できるんですか。あほなこと言うなと思うんですが。
実は憲法改正の話をちょっと言いますと、私は憲法改正派です。
と言いますのは、今の憲法は、戦争が起こってほしくないなぁと、ただそれを願っているだけの憲法だと私は作家としてそう解釈しております。
それをどう変えるか、絶対に戦争を起こさせない、そういう憲法に変えるべきだと僕は思っています。
よく安倍さんがいわゆる国防軍にしたい、と。安倍さんは戦争をやりたがっているのか。とんでもないです。
戦争を起こさせないために軍隊が必要なんです。
軍隊は今、戦争を抑止する一番の力です。
そして今日本人で絶対に戦争を起こしてほしくないと思っている人は誰か。
これは実は自衛隊員です。
自衛隊の隊員達は、絶対に戦争起こってほしくないと思ってます。
何故なら、もし戦争が起これば彼らは真っ先に死ぬからです。
しかし、彼らはそれを恐れておりません。
決してあってはならないことですけれども、もし戦争が起これば自衛隊の皆さんは、国のために命を捧げることを恐れておりません。
私は去年、静岡県の静浜基地という航空自衛隊のパイロット養成基地を訪ねました。
そこでは非常に若い多くの隊員達が日夜、日本の空を守る為のパイロットになるために、本当に命がけの訓練をつんでいます。
数々の訓練を、これ非常に厳しい訓練です。どんどんどんどんふるいにかけて落とされていってます。
そしてそういう訓練を全て乗り越えた本当に優秀な人たちが、日本の自衛隊のパイロットとして、日本の空、そして日本の安全を守るために全国各地で毎日飛んでます。
そして、こういう状態が何十年も続いているんです。
そういうパイロットが第一線でおられる時間は非常に短いです。
そうやって何年もかけて築き上げた技量。しかしこれもやがて年齢の衰えとともにその一線級の技量を失います。
その為にまた新しいパイロットに後を託していく。
そういう風に、実は日本の空、日本の安全というのは、何年にも渡って、また何代にも渡って安全が保たれてきたんです。
こういうことを誰も知らない。
そういう事を何も知らないで、たとえば左翼のジャーナリスト達は自衛隊のことを「人殺しの勉強をしてる。」或いは「殺人装置である。」、とんでもないこと言います。もう許せないです。
実は日本の自衛隊というのは、世界の軍隊で、最も多くの人命を救っている軍隊です。
先の阪神大震災、そしてこの前の東北大震災でも、日本の自衛隊がどれほど多くの人を救ったか。
これをもう一度皆さん、心に命じてもらいたいです。
そしてその航空自衛隊の幕僚長であったのが、田母神としおさんです。
田母神としおさん、私は非常に尊敬してます。
私は今月58歳になりますが、58年生きてきて、小説を書く以外、文章を書く以外はろくな取り得も無いです。
文章も大してうまくないんですけれども。
しかしながら唯一、人に誇れるものがあるなというのは、人を見る目、これは多少自信があります。
私は昨日、初めて田母神としおさんにお会いしました。
そしてその時に思ったのは、この人は男だ、立派な日本人だと。
これは間違いありません。
もちろんこれについては、私は今回、田母神としおさんを応援すると決めてました。
けれども昨日会って、この判断は絶対に間違ってなかったと確信しました。
私がこうして田母神としおさんを応援するとツイッターでも発言しました。
これはもう一ヶ月前に発言しました。
そうすると私に対するアンチ・バッシングが非常にすごかったです。
私は去年からNHKの経営委員をやっていますが、NHKの経営委員たる者がこんなこと言ってもいいのか。
ともうさんざんぱら・されました。

先日は国会でも民主党の原口議員にも「非常に品の無い男だ」と言われました。ほっとけ!
確かに経営委員です。経営委員は、放送に関して不偏不党であらねばならない、そして中立であらねばならない。それはあくまでNHKの放送に対してです。
私のプライベートで私が誰を信じて、誰を応援しようが、これは私の自由です。
これは民主主義ですから。
もしこれで、お前はNHKの経営委員にふさわしくないというなら、私はいつでもクビになってもいい。

田母神としお氏は本当に素晴らしい歴史観、国家観をお持ちです。
そして、さらに自衛隊で培った危機管理能力。もう今回、田母神さんしかいません。
それともう一つ、お話させていただいて素晴らしいなと思うのは、日本の教育をしっかりしたいと、そう心から思っておられることです。
実は日本のいろんな大きな問題、様々な問題、マスコミ関係いろんな問題の多くが、実はこの戦後の教育が間違っていたからなんです。
実は日本の左翼教育は長い間子ども達に何を教えてきたのか、代々。
日本は非常に悪い国家であった。非常に間違った国家だった。日本人は世界の国にさんざん悪いことをした。迷惑をかけた。こればっかり教えてきたんです。とんでもない話です。
たとえば侵略戦争一つとってもそう。
日本はアジア諸国を侵略した、と。とんでもない、これは大嘘です。
世界の国は日本を非難している、これも嘘です。
そういう人たちに聞くと、誰が非難しているかというと、中国、韓国。これだけなんです。
中国、韓国を世界といいつめるのは、これは大嘘です。
実は先日も、新藤総務大臣が靖国神社を参拝されました。その時に朝日新聞の記者が質問をしました、手を挙げて。
「新藤総務大臣、世界の国々が新藤大臣の靖国参拝を非難しております。」
そこに進藤総務大臣は、何と答えたか。「世界の国と言いましたが具体的にどの国か仰ってください。」
朝日新聞の記者は、「私の聞いている限り、中国と韓国です。」
そこに新藤総務大臣は、「その他には?」聞きました。
そしたらその記者は「その他には知りません。」と。
その時大臣は言いました。「では世界と言わないでください。中国、韓国が非難していると仰ってください。」
これが朝日のやり方なんです。
世界が非難している。世界が日本を攻撃している。でもどこなのか?聞けば中国と韓国だけなんです。
アジア諸国が日本を非難している。ではどこか?中国と韓国だけなんです。
実は、アジア諸国の多くは、日本には感謝しています。
独立できたのは日本のせいだと思っておられる国民、或いは政治家が非常にたくさんおられます。
日本は確かに太平洋で、多くの戦役で戦いました。
しかし日本は誰と戦ったのか。
日本はフィリピンを占領していたアメリカ軍と戦いました。
そしてインドネシアを占領していたオランダ軍と戦いました。
そしてマレーシア・シンガポールを占領していたイギリス軍と戦いました。
そしてベトナム・カンボジアを占領していたフランス軍と戦いました。
日本が戦ったのはそういう国です。
もし日本が侵略戦争をしたと言うなら、その前に東南アジア諸国を侵略していたアメリカ、イギリス、オランダ、フランス。これはどうなるんですか。
しかもオランダはインドネシアを200年以上も侵略して、その間に何も教育も与えず、ひたすら国の資源を搾取してきました。
ある東南アジアの国の首相はこう言いました。
「われわれ今日独立したのは、日本という母のお陰である。日本という母は、難産のため母体を損ねたが、しかしそして産まれた私たちアジアの国家はすくすくと育っている。」と。
僕は敢えて言いたい。日本は素晴らしい国です。本当に素晴らしい国です。
世界で僕は最高に素晴らしい国だと思ってます。国だけでない。国民がです。
その国民が、その最もその国民の本当の姿が出るのはどういう時か。
それは国が一番苦しいときです。
東北大震災、その前の阪神大震災で本当に多くの被災者が出ました。
普通は海外の国でそういうことが起こりますと、災害のその後に本当の地獄がやってきます。
何故か。
治安がなくなる。ルールが無くなる。略奪暴行。そしてただ強いものが勝つ。全てのものを奪い取る。もうとんでもない、本当の地獄がやってくる。
ところが日本は、阪神大震災の時も、東北大震災の時も一度もそういうことにならなかった。
本当に苦しい時にこそ人々は助け合いました。
実はこれ、アメリカ軍のパイロットから聞いた話です。またぎきなんですけれども、アメリカ軍のパイロットがヘリコプターで宮城県の被災地に着陸しました。
そしてそこで、救援物資を大量に運んだんですが、その時のパイロットが、その被災地だった小学校の校庭に下りるのが非常に怖かったんです。恐怖におののいたと。何故か。
そのパイロットが、いろんな海外でそういう救援物資を運んできたアメリカ軍のパイロットです。
何故彼が怖かったかといいますと、そういう救援物資を運んだときには、必ず恐ろしい略奪と暴行が起こるんです。
もう群集が殺到して、下手したらもうヘリコプターが二度と飛べないくらい、そういう危険もある。
またそういうことがあったら怖いなと。でも職務ですから、そうして恐怖心を抑えて着陸しました。
そこでアメリカ軍のパイロットは何を見たか。
信じられないものを見ました。
そこでは一切群集の略奪も何もなく、ただ数人の代表者がやって来て、「ありがとうございます。これから我々は救援物資を頂きます。今日はありがとうございました。」
そして整然と救援物資をヘリコプターから降ろしていった。
その秩序正しい行動にアメリカ軍のパイロットは非常に感動したんですが、でも彼は更にその後にもっと感動することを見ます。
救援物資を全部運び終える前に、その宮城県の被災者の代表の方は、「私達はこれで十分です。これだけあれば私達は何とかしのいでいけます。あと残りの救援物資は別な被災者のとこに届けてください。」それを聞いてアメリカ軍のパイロットはいたく感動したんです。
でもね、こんなものは日本人として当然です。驚くことではないです。日本はそういう国なんです。
今から10何年前に私のおる関西でも阪神大震災がありました。
その時にも、これに似たような驚くような話はいっぱいありました。
西宮で一切の街が破壊されたんです。その時に多くの民家が皆倒れた。
その時に、通り向かいの二軒のコンビニが生き残ったんです。
コンビニといいますのは皆さんご存知のように、365日24時間営業です。
その内の一軒は、初めて開店以来シャッターを下ろした。
もう物が売れない。皆お金が無いですからね。
ところが、もう一軒のコンビニはシャッターを開けたままやった。
そして、「お金の無い皆さん、自由に品物を持って帰ってください。お金はいつでもいい。名前さえ書いてくれたらいい。後で余裕が出来た時にいつでもお支払いください。」、そういうことで店の品物を全部開放したんです。
そして被災者の皆さんは、その品物を持っていきました。
それも大量に持っていかないです。皆、一人おにぎり一個。ミネラルウォーター一缶。そういう状態で皆持っていった。
そしてその数ヵ月後、皆余裕ができた。お客さんはそのコンビニにお金を持ってきたんです。
そのお金いくら集まったか。持って帰った行った品物の何倍ものお金が集まったんです。
これが日本人なんですよ。こんなにすごい国無いです。僕は日本人として本当に誇りを持って、日本に生まれて良かったと思っています。
そして、こういう素晴らしい国、こういう素晴らしい国民性、日本人に生まれてよかった、こういうことを、教育で若い子ども達、教えていきたい。
確かに戦争ではいろんなことありました。恐らく一部軍人で残虐行為もありました。
でもこれは日本人だけでない。アメリカ軍もやったし、中国軍もやったし、ソ連軍もやりました。
これは、歴史の暗部です。歴史の裏面です。そういうのも歴史の真実の一つです。
しかし、こういうことを、何も知らない無垢な子ども達、或いは義務教育の少年少女達に教える理由はどこにも無い。
これは、もっと大きくなってから教えたらいい。
子ども達には、まず日本人として生まれたこと、日本人は素晴らしい国家である、これを教えてもらいたい。
何も知らない子ども達に自虐史観を与える必要はどこにもない。
今まで日教組がどれほど多くの子ども達をそうして汚してきたか。
そういうような教育受けた子ども達は、自分が日本人であるということに誇りをもてない。
或いは自分のおじいさんは非常に酷いことばかりしてきた。自分はそういう汚れた血を引き継いでる。
こういう事を覚えてきた子ども達が大人になった時に、立派な大人になれますか?なれないです。
この国を良くしていく。自分はこの国の為にも、何かいいことをして生きていきたい。
こういう立派な大人になるためには、やはり教育が大事です。
先ほど日教組という話が出ましたけれども、長年槙枝元文というのが日教組のドン、ミスター日教組と言われてきました。
槙枝元文というのはどういう人物か。北朝鮮礼賛人物だったんです。金日成が大好きで、何度も北朝鮮に渡って勲章をもらっています。
そして日本の自衛隊は即座につぶすべきだ。日本の自衛隊は全部無くすべきだと、ずっと言い続けた男です。
ところが、北朝鮮の軍隊を礼賛して世界で一番素晴らしい軍隊だといい続けた。こんなやつが日教組のドンやったんです。

日本を本当に取り戻しましょう。
今回の東京都知事選は、日本の47都道府県のただ一地方選挙ではありません。
東京都知事選こそ、日本を代表する選挙なんです。
ですからもしこれに田母神さんが敗れることがあれば、日本は5年10年と後戻りします。
逆にこれに勝利することがあれば、日本は本当に未来に向けて進めます。
本当に皆さん、田母神さんをよろしくお願いします。
どうもありがとうございました。


都知事選は、田母神さんしかいません。本当にそれ以外の選択肢は無いんです。
皆さん、本当に日本人なら田母神さんに投票してください。
本当に私は心から思っています。
よく政治や選挙では、「今回の選挙で日本は変わる。」或いは、「今回の選挙は大きな分水嶺だ」、とこういうのは選挙でよく聞くことです。さんざん今まで聞いています。聞き飽きた言葉でもあります。
しかし今度の選挙は、本当の意味での日本の分水嶺だと僕は思っております。
これまで日本はある意味、ぬるま湯に浸かってきました。
1980年代90年代、日本を取り巻く国は脅威ではありませんでした。
しかしながら、21世紀になってから国際状況は、刻々と非常に悪く変化してます。
はっきり言いますと、中国です。
中国は世界のガンです。本当に非常に厄介な国になってます。
だが厄介な国と戦争するわけにはいきません。
しかしながら本当に中国とうまく外交を、或いは国際的にやっていかないと日本は本当に飲み込まれます。
非常に危機的状況です。
その時に、日本のために闘える政治家、戦えるというのは戦争じゃないですよ。
ある意味外交的に力強く戦える政治家、僕はこれは安倍総理と、田母神としおさんやと思ってます。
中国、韓国の顔色を見ながら政治をするような政治家は、もう今や日本には全く不必要です。
彼らは売国奴です。
僕は58年間生きてきて、選挙演説、応援演説したのは初めてです。
恐らく僕は一生こんなことしないと思っていました。
僕は政治的人間ではありません。しかしながら、その僕でさえ、遠く関西にいる私でさえ、何としてでも少しでも力になることなら、田母神さんの応援をしたいとわざわざやってまいりました。

恐らく私が田母神を応援したということで、先ほどいいましたように私のアンチ、私に対するバッシングは非常にすごくて、多分本の売れ行きも相当減ると思うんですが、そんなことどうってことないです。
本当に日本のために、僕自身がどうしても、何らかの力を使えることができれば、それだけで本望です。
皆さん、本当に田母神さんをよろしくお願いします。」

"
(via shinjihi)

(keebowから)

— 1日前・リアクション203件